天までとどけのメンバー子役たちが集まる

TBSのドラマ天までとどけで同窓会があったそうですが、やはり子役の半分ほどは引退とか芸能界以外での活動になりますね。

 

親が一般の仕事をさせたいと希望する場合と、あまり仕事がなくなってしまう場合とがあるようですが。

長男役・高尾晃市(44) 26歳でプロのマジシャンになった。

次男役・河相我聞(41) 俳優で2人の息子を育てるシングルファーザー。

四男役・須藤公一(39) 俳優で独身。

六男役・日吉孝明(33) 電気配線会社勤務。子供あり、3児の父親。

七男役・蛭田順也(31) 大手企業勤務。

サントリーのホームページが出てきますが、本人か同姓同名の別人か。

八男役・中村瑞樹(31) 製造会社勤務。子供あり、2児の父親。

次女役・滝沢幸代(39) 主婦。

四女役・山田飛美(35) 今期見込み年商5億円の人材派遣会社経営。7歳の娘がいる。

五女役・藤井ひと美(28) テレビ番組のタイムキーパー。

若林志穂さんは芸能界を休業状態になったり、引退したりといろいろなことがありましたね。

若林志穂さんのように現場を見てしまった人というのは、その後どうなるのか聞く機会はあまりありませんが、やはり他の人でもそれなりに長年記憶に残って抱え込む場合もあるのかもしれませんね。

 

 

沖縄県のディズニーリゾートは前向きとか

沖縄県ではディズニーリゾートができることに関して、あついからアトラクションだと不向きという意見もありました。

ディズニーリゾートはアトラクションではなくホテルらしいので関係はないみたいですが、沖縄県は気温としてはそれほど熱くはないそうです。

日差しは強いものの、平均気温は32℃、33℃あたりで、最高気温が出ることもありませんからね。

海で囲まれ、冷やされるため気温が高くはないとか、大きな山がないので熱がこもらないなども理由になっているそうです。

冬には気温もそれほど下がらないので、むしろ冬あたりは快適で不向きとも言えないんじゃないかとは思いました。

沖縄県と近くの鹿児島県徳之島や奄美大島では街の風景が全く違うので、自然と街が出来上がっていったというよりも米軍基地で人が多いとか観光業に力を入れているとかそういう部分の影響が大きいのでしょうね。

沖縄県は150万人の人口、奄美大島は5万人しかいなかったと思うので、30倍近く違いがありますね。

今の時点では前向きには検討されているようですね。

 

 

中途半端だと思うこともあった

中途半端かどうかと言うのはなかなか難しいですね。

専念するとなると一つの事だけになりがちになったり、それに専念した結果良い結果ではなかったとなるとすべてが効果がなかったということに丸場合もあります。

逆にいくつかの事をやりこなしながらやったら、それは中途半端なのかという風に思うこともあります。

あれこれやって、あまりにも数が多すぎるとどれも最後まで仕上げられず結果が出なかったという場合もありますが。

あまり多すぎても、逆に少なすぎてもだめとか、適度な量があるということなんだとは思いますが、なかなか量が調節できないこともあるので難しいですね。

時々中途半端だったと振り返ることもありますが、ある程度長く続けるという意思は必要かもしれませんし、長く続けられるものを選ぶことも大事かもしれませんね。

企業でも事業を広げすぎとか、他の分野にも参入した方がよかったとか1つしか得意分野がなかったなどいろいろと言われる場合がありますが。

結局どっちもダメみたいな感じですね。

大人が子供に最後までやれるかと聞く場合がありますが、最後までやれと言う意味なのか、最後までやれるものを選択したのか他にもっと適切なものはないのかという意味なのか、どうでしょうかね。

逆に途中で諦めて、違う選択に変えていい風に変わったという例もありますし、難しいですね。

 

クールビズの28℃設定とは、いろんな意見

クールビズは28℃は暑いとか不快だという声もありますが、そもそも涼しく快適に過ごすというよりも、節約とかエコ目的なのである程度暑いのは仕方ないのではないかとは思いました。

暑すぎるのでもう1、2℃下げた方がいいんじゃないかという意見ならま理解できますが、根拠がないというのはどうなのでしょうかね。

そもそもクールビズは涼しく過ごそうというよりも、涼しい格好をしてできるだけ冷房を使用しないようにしようとか、やや暑くても工夫しようみたいな意味合いがあると思いますが。

温度を下げても節約にはならないから無意味だというのならばなるほどとは思えますが。

電力に詳しい方によると外の気温との温度差が大きい場合ほど消費電力が多くなるそうで、夏の35℃を冷房で28℃に設定した場合の差は7℃と、冬の気温が10℃で暖房を20℃に設定した場合の差の10℃の差とではやはり冬の方が消費電力は高くはなるそうです。

しかし夏と違い、冬は就寝時もエアコンを使用するという場合が少ないため、夏と冬とではそれほど料金の差は出ないそうです。

もし好きな温度とか、涼しい温度に設定したならばさらに温暖化とか二酸化炭素が増えるとかそういう風にはならないのかとか、そういう部分はどうなのかも言及はしてほしかったですね。

好きな温度でもいいと言う風潮になると、気にせず25℃以下にする人もいるかもしれませんし、そうなった場合には環境的にはあまり良くないのではないかと言う気もしますが。

沖縄県では和風アロハシャツであるかりゆしを着て、暑さ対策を行っているようですが、それが意味がないということなのでしょうかね。

マツコデラックスさんがクールビズに反対らしいですが、そもそもマツコさんは痩せた方が良いのではないかとも思ったりしますが、でも今の体型があってこそのまつこさんなので、痩せては困るかもしれませんね。

マツコさんだけ涼しい部屋を用意してあげてもいいのかもしれません。

小林麻央は痩せたことを不安に思う

小林麻央さんは昔に比べると、食べ物も流動食とか、液体に近いものが中心となっているようですね。

やはり体が痩せると、健康ではないという印象があると思うので、体を見て痩せたと落ち込むそうです。

現在の小林麻央さんの状況は、ご飯があまり食べられない、熱が出て40℃になることもある、子供達とは直接は会えない、酸素吸入をするほど呼吸機能が低下している、痩せた、あまり外へは行けないようで窓から外を眺めている、などが伝わってきます。

がんというのはあまり分からないまま、5年経ってもそれほど体に表れないんじゃないかと思うこともありましたが、やはり2年3年で体には変化はあるものなんですね。

歌舞伎役者の中村獅童さんも手術をしなくても分からないまま、それほど体には見えないまま何年も過ぎていくものだと思っていましたが、そのままにしておくとやはり痩せたり変化は出るんでしょうね。

世の中には幼い頃に親がいなくなったとか、いろいろな環境の子供がいますが、親に兄弟がいないとかなるとさらに大変でしょうね。

小林麻央さんの場合は病気になっても両親どちらにも女性の兄弟がいるので、いろいろ世話をしてくれる人はいますが、いなかったら大変だったかもしれませんね。

中には祖父母もいないので、病気の母親が子供の面倒を見ている場合もあるそうです。

もし小林麻央さんが25歳で子供を産んでいたら9歳8歳、20歳なら14歳13歳、18歳なら16歳15歳の子供ということになり、やや違いますが、ある程度子供が大きくなっていたら状況も違ったかもしれませんね。

最近は小林麻央さんは放射線治療とか抗がん剤治療の話は出てこないのである程度試してはみたということなんでしょうね。

新しい治療がいろいろと誕生しているそうですが、そういうことはそれほど行ってはいないので、体力がなくなっているとかそういうことも関係があるのでしょうかね。

節約をしている人は努力して成功している場合が

節約について

節約というのは努力のわりにはお金はそれほどたまらないと思うこともありますが、しかしその後お金に困ることがあると節約していたことがよかったとは思えますね。

お金に困ることがないというほどの大金持ちならば、逆に節約はむしろしない方が資産は増えていきそうです。

節約をした分、何かを失っているのではないかとか、その分違うことをした方がいいのではないかという気分にはなりそうですが、でもそのお金がなければさらに困っていたとか、その時の努力のおかげで少し楽だという面もあるかもしれないなとは思いました。

給料が減っても貯蓄が増える! 40の節約術【電子書籍】[ 節約術研究会 ]

節約している人の傾向や結果

節約している人というのは、やはり目標を持っていますし、努力家ではあるんでしょうね。

目標があると何となくお金を貯めようと思えますが、目標がないと何のためにお金を貯めるのかという気持ちにはなってしまいますし、そういう考えは金持ちか貧乏化はあまり関係ありませんね。

目標をもっている、努力をするという風な人になっていることが多いように感じました。

お金に少し余裕があると、何か必要なことがあればそれを買うことができ利用できるようになりますし、そうなると楽になったり速さが増すとか、できあがるものが増える可能性もあるので、やはり使えるお金は多ければ多いほどいいといえるでしょうね。

自分自身ももっとお金を使わずにためておけばもっといろいろできたんじゃないかとかそういう気持ちになるときもあります。

人を見ると努力して知識を増やして、知識の1つの差が結果に大きな影響を与える場合もありますし、もっと努力していた方がよかったと思うこともあります。

お金にしても1万円多く持っているだけでも、違う選択肢を選べるようになる場合もありますからね。

おおまかな節約方法

食べ物は買い置きせずその日や数日分を買う程度だと、食事量が管理でき電気代も抑えられる。

時間がある場合は小麦粉を使った料理の方が食事代が抑えられる。

基本的には必要以上のものは食べない。

洋服は古着やフリーマーケットで買った場合は温水で濃い洗剤水を洗面器やバケツなどに浸しておくとあまり気にならないかもしれない。

夏は扇風機やサーキュレーターを基本にして、その風の温度を低くするために冷房を利用する。

体が熱っぽい場合は濡れたタオルなどで体温を下げる、冬の寒い時期により寒くなってしまったことを思い出して夏に取り入れる。

あまり物は置かずに生きていくと収納家具はあまり買わなくなる。

ものがなくなると心配にはなりますが、そこまで必要ではないものがなくても対応できるよう適応するという考えもあります。

あまり買わない分、何か必要になればそういうお金は持っているということになるのかもしれません。