クールビズの28℃設定とは、いろんな意見

クールビズは28℃は暑いとか不快だという声もありますが、そもそも涼しく快適に過ごすというよりも、節約とかエコ目的なのである程度暑いのは仕方ないのではないかとは思いました。

暑すぎるのでもう1、2℃下げた方がいいんじゃないかという意見ならま理解できますが、根拠がないというのはどうなのでしょうかね。

そもそもクールビズは涼しく過ごそうというよりも、涼しい格好をしてできるだけ冷房を使用しないようにしようとか、やや暑くても工夫しようみたいな意味合いがあると思いますが。

温度を下げても節約にはならないから無意味だというのならばなるほどとは思えますが。

電力に詳しい方によると外の気温との温度差が大きい場合ほど消費電力が多くなるそうで、夏の35℃を冷房で28℃に設定した場合の差は7℃と、冬の気温が10℃で暖房を20℃に設定した場合の差の10℃の差とではやはり冬の方が消費電力は高くはなるそうです。

しかし夏と違い、冬は就寝時もエアコンを使用するという場合が少ないため、夏と冬とではそれほど料金の差は出ないそうです。

もし好きな温度とか、涼しい温度に設定したならばさらに温暖化とか二酸化炭素が増えるとかそういう風にはならないのかとか、そういう部分はどうなのかも言及はしてほしかったですね。

好きな温度でもいいと言う風潮になると、気にせず25℃以下にする人もいるかもしれませんし、そうなった場合には環境的にはあまり良くないのではないかと言う気もしますが。

沖縄県では和風アロハシャツであるかりゆしを着て、暑さ対策を行っているようですが、それが意味がないということなのでしょうかね。

マツコデラックスさんがクールビズに反対らしいですが、そもそもマツコさんは痩せた方が良いのではないかとも思ったりしますが、でも今の体型があってこそのまつこさんなので、痩せては困るかもしれませんね。

マツコさんだけ涼しい部屋を用意してあげてもいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。