小林麻央は痩せたことを不安に思う

小林麻央さんは昔に比べると、食べ物も流動食とか、液体に近いものが中心となっているようですね。

やはり体が痩せると、健康ではないという印象があると思うので、体を見て痩せたと落ち込むそうです。

現在の小林麻央さんの状況は、ご飯があまり食べられない、熱が出て40℃になることもある、子供達とは直接は会えない、酸素吸入をするほど呼吸機能が低下している、痩せた、あまり外へは行けないようで窓から外を眺めている、などが伝わってきます。

がんというのはあまり分からないまま、5年経ってもそれほど体に表れないんじゃないかと思うこともありましたが、やはり2年3年で体には変化はあるものなんですね。

歌舞伎役者の中村獅童さんも手術をしなくても分からないまま、それほど体には見えないまま何年も過ぎていくものだと思っていましたが、そのままにしておくとやはり痩せたり変化は出るんでしょうね。

世の中には幼い頃に親がいなくなったとか、いろいろな環境の子供がいますが、親に兄弟がいないとかなるとさらに大変でしょうね。

小林麻央さんの場合は病気になっても両親どちらにも女性の兄弟がいるので、いろいろ世話をしてくれる人はいますが、いなかったら大変だったかもしれませんね。

中には祖父母もいないので、病気の母親が子供の面倒を見ている場合もあるそうです。

もし小林麻央さんが25歳で子供を産んでいたら9歳8歳、20歳なら14歳13歳、18歳なら16歳15歳の子供ということになり、やや違いますが、ある程度子供が大きくなっていたら状況も違ったかもしれませんね。

最近は小林麻央さんは放射線治療とか抗がん剤治療の話は出てこないのである程度試してはみたということなんでしょうね。

新しい治療がいろいろと誕生しているそうですが、そういうことはそれほど行ってはいないので、体力がなくなっているとかそういうことも関係があるのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。