節約をしている人は努力して成功している場合が

節約について

節約というのは努力のわりにはお金はそれほどたまらないと思うこともありますが、しかしその後お金に困ることがあると節約していたことがよかったとは思えますね。

お金に困ることがないというほどの大金持ちならば、逆に節約はむしろしない方が資産は増えていきそうです。

節約をした分、何かを失っているのではないかとか、その分違うことをした方がいいのではないかという気分にはなりそうですが、でもそのお金がなければさらに困っていたとか、その時の努力のおかげで少し楽だという面もあるかもしれないなとは思いました。

給料が減っても貯蓄が増える! 40の節約術【電子書籍】[ 節約術研究会 ]

節約している人の傾向や結果

節約している人というのは、やはり目標を持っていますし、努力家ではあるんでしょうね。

目標があると何となくお金を貯めようと思えますが、目標がないと何のためにお金を貯めるのかという気持ちにはなってしまいますし、そういう考えは金持ちか貧乏化はあまり関係ありませんね。

目標をもっている、努力をするという風な人になっていることが多いように感じました。

お金に少し余裕があると、何か必要なことがあればそれを買うことができ利用できるようになりますし、そうなると楽になったり速さが増すとか、できあがるものが増える可能性もあるので、やはり使えるお金は多ければ多いほどいいといえるでしょうね。

自分自身ももっとお金を使わずにためておけばもっといろいろできたんじゃないかとかそういう気持ちになるときもあります。

人を見ると努力して知識を増やして、知識の1つの差が結果に大きな影響を与える場合もありますし、もっと努力していた方がよかったと思うこともあります。

お金にしても1万円多く持っているだけでも、違う選択肢を選べるようになる場合もありますからね。

おおまかな節約方法

食べ物は買い置きせずその日や数日分を買う程度だと、食事量が管理でき電気代も抑えられる。

時間がある場合は小麦粉を使った料理の方が食事代が抑えられる。

基本的には必要以上のものは食べない。

洋服は古着やフリーマーケットで買った場合は温水で濃い洗剤水を洗面器やバケツなどに浸しておくとあまり気にならないかもしれない。

夏は扇風機やサーキュレーターを基本にして、その風の温度を低くするために冷房を利用する。

体が熱っぽい場合は濡れたタオルなどで体温を下げる、冬の寒い時期により寒くなってしまったことを思い出して夏に取り入れる。

あまり物は置かずに生きていくと収納家具はあまり買わなくなる。

ものがなくなると心配にはなりますが、そこまで必要ではないものがなくても対応できるよう適応するという考えもあります。

あまり買わない分、何か必要になればそういうお金は持っているということになるのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。